iDeCo版 金融機関の選び方

こちらの記事ではiDeCoの口座を開設する金融機関の選び方についてご説明していきます。
まずは、iDeCoの基本と諸経費についてお話しておきます。

※iDeCo公式サイトより抜粋

こちらの図で、自分がどこの区分に当てはまるのか確認してください。
iDeCoでは最低5000円から拠出できますが、区分ごとに運用できる金額が変わってきます。
2017年1月から国内在住の現役世代ほぼすべての方がiDeCoに加入できるようになりました。
一部、企業型確定拠出年金(401k)に加入している人で勤務先の規約により加入できない方や、
掛金の上限額が変化する方がいるので、会社員の方は勤務先の人事部等に確認してくださいね。

次に諸経費です。
iDeCoに加入して資産の運用を行うには、手数料がかかります。
還付時にかかる手数料もありますが、ここでは加入時と運用時にかかる手数料についてご説明しますね。
手数料には、全員が等しく負担するものと、金融機関によって負担額が異なるものの2種類があります。

まずは全員が等しく負担する手数料です。

次に金融機関によって負担額が異なる手数料です。

選択する金融機関によって、月々のコストが0~617円かかってきます。
この差は、例えば30年間運用する場合で比較すると、約22万円にもなってしまいます。
なかなか大きなインパクトじゃないでしょうか?
リターンは不確実ですが、コストは確実です。
だとしたら、コストが出来るだけかからない金融機関を選びたいですよね?

それでは最後に、金融機関を選択していきましょう。
私が調べた中で、手数料が少なく抑えられる&取扱商品がオススメできる金融機関は以下の4つです。

*SBI証券
*楽天証券
*マネックス証券
*松井証券

これらの金融機関は、毎月かかる「加入する金融機関」の手数料が0円です。
取り分である手数料をゼロにして私たちのリターンを優先してくれているユーザー思いの金融機関ですね。
さらに、上記金融機関は取扱商品も低コストであったり、リターンが狙えるラインナップであったりと様々なニーズに対応できます。
次の記事に金融機関ごとの特徴をまとめましたので、ぜひお気に入りの金融機関を見つけてくださいね!

Follow me!