セゾン投信のメリットとデメリット

この記事では、セゾン投信のメリット・デメリットをご説明します。

皆さん、直販投信という言葉を知っていますか?
一般的に投資信託を購入するとき、銀行や証券会社の窓口で相談しようと考えると思います。
この銀行や証券会社というのは、販売窓口であって投資信託を実際に運用しているわけではありません。

直販投信というのは、投資信託を実際に運用している会社が直接個人投資家に商品を販売しているものを言います。
投資信託の購入を検討している個人投資家の方が、必ず行きつく選択肢の一つでもあると思います。

では、この直販投信とは一体どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
日本で代表的な直販投信のひとつであるセゾン投信についてご説明していきますね。

セゾン投信とは?

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」「セゾン資産形成の達人ファンド」の2つのアクティブファンドを扱う運用会社です。
投資信託を買う上で非常に重要な「長期」「分散」「積立」を顧客本位で推奨してくれるとても優良な会社です。
私も実際に両ファンドとも購入しており、長期投資を実践中です。

セゾン投信のメリットは?

顧客本位の運用会社であること
優良な商品を提供していること
日々の運用成績が気にならないこと

セゾン投信は金融庁のお達しよりも早く「フィデューシャリー宣言」をしました。
顧客本位の運営をしますよ、という宣言ですね。
実際に、セミナーや運用報告会も全国各地で行われており、中野社長のお話を直接聞ける機会も多数用意されています。
やはり預けた資産を運用している会社の方々の考えを直接聞くことができると信頼度も増しますね。
私も参加したことがありますが、安心して資産運用をお任せできるということを再認識できましたよ!

また、販売している2つの商品は「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」「R&Iファンド大賞」など、数々の賞を受賞している優良なアクティブファンドです。
インデックスファンドと比較すると信託報酬はやや高くなりますが、一部のインデックスファンドを超えるリターンが期待できるので私は高すぎるとは考えていません。
実際に、資金が集まるに従って信託報酬も少しずつ引き下げてくれていますので、とても良心的だと思います。

セゾン投信の商品は2つともアクティブファンドですから、市場平均との関連はありません。
TOPIXや日経平均と比較して優劣をつけることは無意味なのです。
市場がどう動くか予測することは困難なため、長期投資を前提に資産形成を手助けしてくれているということですね。
そのため、日々の運用成績を気にすることにあまり意味はありません。
そして、1日1回しか値動きしませんからそのうち確認することを忘れてしまいます。(笑)
これこそがほったらかし投資の極意とも言えますね!

セゾン投信のデメリットは?

ほったらかし投資の実践が簡単すぎて、他に手を出したくなってしまうこと

デメリットと言いつつ、若干メリットでもあるんですが・・・(笑)
セゾン投信では2つの商品しか扱っていません。
これだけでいいんです。それだけが最適解なんです。

しかし、ちょっとかじるといろいろ手出しをしたくなってしまうのが人間の性ですね。
他のネット証券口座を開設して、個別株やら他の投資信託やら買いたくなってしまうんです。
というか、おそらく買うでしょう!私も買いました!
そして日々の値動きを気にして、一喜一憂するという愚行に陥ることになります・・・

そんな中でもセゾン投信の商品さえ地道に積み立てていれば、いつのまにか資産形成ができてしまうわけです。
あえて直販投信に分けて資産形成することで、セゾン投信の値動きは気にならなくなり、いつのまにかほったらかし投資の理想形が完成しています。
というわけで、私も日々ありがたくほったらかしにさせていただいております。

いかがだったでしょうか?
セゾン投信は、NISAつみたてNISAにも対応しています。
もし他の証券口座でiDeCo等を行っていても、NISAつみたてNISA併用が可能です。
なお、セゾン投信の商品をiDeCoで購入したい場合は楽天証券であれば購入が可能です。
皆さんもセゾン投信の商品を購入して、焦らないで歩いてみませんか?

Follow me!