投資信託で利益を出すために大切なこと

皆さん、「投資信託で利益が出る」ってどういうことだと思いますか?

基準価額が低い時に買って、高い時に売ることでしょうか?
毎月分配金をもらうことでしょうか?

私のたどり着いた考えは、

売却するときに「基準価額×口数」が大きい

ということです。
掛け算ですから、どちらも数字が大きい方が、より利益が出るということになりますよね。

では、具体的にどうすればいいのでしょうか?
毎月積立投資を実践していくという前提でご説明していきますね。

基準価額について

基準価額とは、投資信託の純資産総額を総口数で割ったもので、
投資信託が組み入れている株などの時価評価を基に1日1回算出される金額です。

そのため、基準価額が10,000円の商品と基準価額が20,000円の商品があったとして、
基準価額が10,000円の方が安い!お買い得!というわけではありません。

たとえ基準価額が低くても、投資信託の中身があまり成長性のない株ばかりだとしたら、
今後伸びない企業に丸ごと投資したことになります。
反対に、基準価額が高く見えても将来性のある企業に投資している投資信託だとしたら、
今後もどんどん基準価額が上がっていく可能性がありますよね。

そう考えると、今の基準価額が高いか低いかは一見して判断することができません。
そして基準価額がどう動くか、将来を予測することはさらに不可能です。
ということは、将来成長が見込める市場に連動するインデックスファンドを購入するのが良さそうです。

基準価額についての結論
売却するときに、平均取得価額よりも基準価額が高い方が望ましい

 

口数について

口数とは、投資信託の取引単位のことです。
株場合は1株、2株と数えるところを投資信託は1口、2口と数える、そう考えてもらえればいいと思います。
株と違うところは、最低購入単位が口数で決まっているわけじゃないというところです。
株の場合は、大体100株や1000株を1単位として購入することが多いと思います。
投資信託は、その商品を口数で購入することも、もちろんできますが、
100円分や10,000円分といった金額を指定してそれに見合った口数を購入することが可能です。

※金融庁HPより抜粋

こちらの図を見て気がついたでしょうか?
毎月10,000円ずつ積立投資をする場合、購入金額が同じでも基準価額が下がっているときは多くの口数を買うことができます。
これなら値動きを気にすることもなく、小額からでも続けていけば口数が大きくなっていきそうですね。

口数についての結論
積立投資をひたすらに続けること

まとめ
投資信託で利益を出すためには・・・
成長が見込める市場のインデックスファンドをひたすら積立投資する

これが「投資信託で利益を出す」ための一番簡単な方法だと私は考えています。

「基準価額×口数」の掛け算ですから、どちらかがゼロなら結果はゼロです。
基準価額がゼロの商品はありませんが、口数は買わない限りいつまでもゼロです。

大事なことなのでもう一度言います。

口数は買わない限りいつまでもゼロです。

ですから、とりあえず少額の余裕資金で始めてみてください。

少額だとしても、購入した商品が1円でも値下がりしたとき、値上がりしたとき、
自分がどう感じるかは実際に投資してみないと分かりません。
初めて投資信託を買った後は毎日の値動きが気になって気になって、
そわそわと落ち着きなく株価を眺める日がしばらく続くと思います。

ずっとチャート眺めていても何も変わらないことはわかっているけどやめられない・・・
あわよくばみんなを出し抜いて、今すぐ自分だけ儲かる投資信託はないだろうか・・・

そんな気持ちはよくわかります。私もそんなことばっかり考えていました。
そしてこんなことがわかりました。
この記事を読んでくださったあなたにだけ特別にお伝えします。

 

そんな都合の良い商品など存在しない

 

というわけで、少額の積立投資をほったらかしにするのが精神的にも一番いいですよ!
まずは始めてみる、この小さくて大きい一歩を踏み出してみましょう。

投資を始めるなら、証券会社の窓口や銀行よりもネット証券が断然おすすめです。
資料を取り寄せてみたりして、自分好みのネット証券を探してくださいね。

Follow me!